炭酸ガス入浴剤

温泉に浸かった時に感じる体から疲れが取れていく感覚をお風呂でも味わいたい
または入浴剤を使っていて、体は温まるけれども体の疲れが取れている感じがしない
という方は多いと思います。
そんな方には炭酸ガスの入浴剤がおすすめです。
このサイトでは朝起きたときに体の疲れを感じたくない人におすすめの入浴剤を紹介します。

 

おすすめの入浴剤>>>

ホットタブ

サンプルサイト

血行促進効果に優れているので
疲労の原因である乳酸の発生を
少なくさせ朝の目覚めをスッキリ
させてくれます。また、肩こりや神経痛、
冷え性などにも効果があります。

詳細ページ>>>

ベビタブ

サンプルサイト

無着色、無香料に皮膚に近い中性、
界面活性剤不使用と子供にも
やさしい入浴剤なっているので敏感肌の人
でも使用できます。また、ぬるめのお湯でも
温まることのでき重炭酸の入っているベビタブは
子供のいる家庭にはおすすめです。

詳細ページ>>>

 

 

入浴剤ランキング



血行促進効果に優れた商品で疲労回復のほかにも
疲労回復のほかにも肩こり、腰痛、神経痛、冷え性
などにも効果があり身体の不調を良くするのに
適した入浴剤です。
また、温泉先進国であるドイツの入浴法に着目し
特別な炭酸を持つ入浴剤を作ることに成功しました!



無着色、無香料に皮膚に近い中性、
界面活性剤不使用と子供にもやさしい
入浴剤なっているので敏感肌の人でも
使用できます。
ぬるめのお湯でも温まることのでき
重炭酸の入っているベビタブは
子供のいる家庭におすすめです。

バブ

やさしく甘い香りもする入浴剤に
なっているので香りも気にする方に
おすすめの商品になっています。
また、しっかりと炭酸も出て
くるので体の凝りや疲れも落としてくれます。

きき湯

体がしっかりと温まったと実感しやすい
商品になっており肩こりや腰痛などにも
効果があります。また、爽やかな香りも
特徴のひとつになっています。
なので、発汗作用なども求めたい人に
おすすめの商品になっています。

疲労回復に炭酸ガスがお勧めの理由

炭酸ガスの入浴剤は血管に二酸化炭素が入り込み
血管の中の二酸化炭素の濃度があげますそして
上がった二酸化炭素の濃度を下げようと体に多くの酸素を
取り込もうとし血管が広がり血行が促進されます。
こうすることで血液の循環を良くし凝り固まった筋肉を
ほぐします。また、血液の循環が良くなれば睡眠の質も
あげることができるので疲労を回復することができます。
 

効果的な入浴方法

入浴剤を使った時のお風呂の温度は38度〜40度にするのがいいです。
入浴剤を使えば38度〜40度でも十分に温まることができます。
また、この温度はリラックス効果やストレス解消効果などお風呂で
疲れを摂るのに最適なので入浴剤を使う時は38度〜40度に設定
するのをお勧めします。
入浴時間は自分の体に合った時間にするのがいいと思います。
髪がふやけるまで入ったり、肌が弱いのに長時間は言ったりしなければある程度
大丈夫だと思います。
炭酸ガスの入浴剤の注意点としてはどれも約2時間位で炭酸が抜けて
しまうので効果が切れる前に入浴するよう気をつけたほうが良いです。

炭酸ガスの入浴剤を選ぶときには

炭酸ガスの入浴剤を選ぶときの指標一つとして炭酸ガス濃度(ppm)
が1000以上のものを選ぶといいです。
ppmが1000以上のものは昔から療養効果が高いとされています。
また、炭酸の入浴剤は濃度が濃くなるほど効果が良いとされているので
参考程度にppmが高いかどうかで選ぶのも選び方の一つです。

私の一番のおすすめはホットタブ

重炭酸ホットタブは炭酸ガス濃度が他のものに比べて高いため
24時間経過しても炭酸水素イオン濃度がほとんど落ちないことが
東京水質研究所の調査でも明らかになっています。
>>>ホットタブの購入はこちらから

 

また、上記でもあげたとおり、疲労回復・肩こり・リウマチ・腰痛
神経痛と様々な不調に効果があります。
さらに無香料・無着色なので敏感肌の人や赤ちゃんにも優しい入浴剤になっていて、
入浴のほかにもホットタブは使い道があり、シャワーや洗顔、足湯にも使うことができます!
ホットタブでは様々な利用方法・効果があるので私の一番のおすすめです。
最後に、入浴剤を使う利点として身体の不調に効果があり
入浴剤を使えば身体を芯から温めるので38℃〜40℃のお湯でも温まることができるのできます。
温めのお湯に入れば副交感神経の働きを促しリラックス効果があります。
このように自分にあった入浴剤を選ぶことができれば様々な不調に効果があります。
身体の不調が気になっている方がいるなら入浴剤を試してみのが良いと思います。