疲労回復に効果のある入浴剤@おすすめの入浴剤ランキング

このサイトでは38℃〜40℃のお風呂でも体を温めることができ
朝に疲れを残したくない方や、精神的な疲れを癒したい方に
おすすめの入浴剤をランキングにしてまとめました。

 

入浴剤おすすめはこちら>>>

 

ホットタブ

サンプルサイト

血行促進効果に優れているので疲労の原因である
乳酸の発生を少なくするので疲労を回復させ朝の
目覚めをスッキリさせてくれます。
また、肩こりや神経痛、冷え性などにも効果があります。

詳細ページ>>>

メディテーションバスα

サンプルサイト

アロマティックハーブを中心に調合し何十回もの
試行錯誤の結果できた香りは、リラックス効果を
もたらせ免疫力アップの効果もあります。
また、保湿成分も含んでいるので美容効果もあります。

詳細ページ>>>

入浴剤おすすめランキング



血行促進効果に優れた商品で疲労回復のほかにも
肩こり、腰痛、神経痛、冷え性などにも効果があり
身体の不調を良くするのに適した入浴剤です。
また、温泉先進国であるドイツの入浴法に着目し
特別な炭酸を持つ入浴剤を作ることに成功しました!



アロマティックハーブを中心に調合し何十回もの
試行錯誤の結果できた香りは、リラックス効果と
免疫力アップの効果に役立ちます!
また、この入浴剤では保湿成分も含んでいるので
肌の潤いにも効果があります!!

 



無着色、無香料に皮膚に近い中性、界面活性剤不使用と
お子様にやさしい入浴剤になっています。
子供の肌は大人の肌に比べ二分の一の薄さしかありません
また、子供は熱いお湯を嫌うのでぬるめのお湯でも
温まることのできる重炭酸の入っているベビタブが
子供のいる家庭にはおすすめです。

 

 

 

 

疲れを取るための入浴剤選び!

入浴剤といっても様々なものがあり、それぞれ違った効果があります。
自分にあったものを探すのに苦労していませんか?
また、選び方がわかったとしてどのように使えばいいのか
わからないと言う方はいませんか?
なのでこのサイトでは肉体的な疲労回復に効果のある入浴剤と
リラックス効果のある入浴剤に絞ってまとめました。
またその使い方についてもまとめました!
 
 
肉体的な疲労に効果のある入浴剤とは?
それは炭酸系の入浴剤です!
炭酸系の入浴剤は血行を良くする効果があり疲労回復に適しています。
その仕組みはお湯に溶け込んだ炭酸が浸透圧の違いにより
血管に二酸化炭素が入り込み血管の中の二酸化炭素の濃度があがります。
上がった二酸化炭素の濃度を下げようと体に多くの酸素を取り込もうとし

この結果血管が広がり血行が促進され疲労回復に効果があるのです!
また、炭酸系の入浴剤は肩こりやリウマチ冷え性などにも
効果があるのでこのような症状に悩む方にもおすすめです!
使い方としては38℃〜40℃のお湯にいれ泡が溶けきったときに入ります。
泡の感触を楽しみたい方は泡が溶け切る前に入ってもいいです。
泡が解けた後に入る理由としてはお湯に十分に炭酸が溶けてから入るためです。
なので自分の好きな方を選ぶのがいいと思います!!
 
また、炭酸は入れてから二時間で抜けるので二時間以内に入るのが良いです。
リラックス効果のある入浴剤とは?
それは、リラックス効果のある香りがついた入浴剤を選ぶことです!
香りのついた入浴剤といっても、ミントやバニラ・果物の匂いが着いたもの
といろいろな種類があります。
ここでは、瞑想効果が期待できるアロマティックハーブを中心とした香りの
入った入浴剤を紹介しています。
この入浴剤の使い方は38℃〜40℃のお湯に入浴剤をいれお湯の中では通常の

二倍の長さで呼吸します。ゆっくり呼吸をしていくと身体がリラックスしていくのがわかると思います。

 

入浴方法と入浴時間について!

入浴剤を使った時のお風呂の温度は38度〜40度にするのがいいです。
この温度はリラックス効果やストレス解消効果などお風呂での疲れを摂るのに
最適でまた入浴剤を使うので十分に体を温めることができます。
入浴時間について!
入浴時間については、自分の体に合った時間にするのがいいと思います。
髪がふやけるまで入ったり、肌が弱いのに長時間は言ったりしなければある程度
大丈夫だと思います。

私の一番のおすすめはホットタブ

炭酸の入浴剤の中でも美容や健康のために作られた商品であるホットタブは
上でもあげたとおり、疲労回復・肩こり・リウマチ・腰痛・神経痛と様々な不調に効果があります。
角質や毛穴汚れにも効果があるので肌をツルツルにすることもできます!
また、毛穴のミネラル皮脂汚れを落とすことができるので身体の匂いを落としたい人にもおすすめです。
さらに無香料・無着色なので敏感肌の人や赤ちゃんにも優しい入浴剤になっていて、
入浴のほかにもホットタブは使い道があり、シャワーや洗顔、足湯にも使うことができます!
>>>ホットタブの購入はこちらから

 

このように、ホットタブでは様々な利用方法・効果があるので私の一番のおすすめです。
最後に、入浴剤を使う利点として身体の不調に効果があり
入浴剤を使えば身体を芯から温めるので38℃〜40℃のお湯でも温まることができるのできます。
温めのお湯に入れば副交感神経の働きを促しリラックス効果があります。
このように自分にあった入浴剤を選ぶことができれば様々な不調に効果があります。
身体の不調が気になっている方がいるなら入浴剤を試してみるのが良いと思います。